マウスピースを使って矯正|痛みのサインを見逃さない|歯科で守れる歯の健康

痛みのサインを見逃さない|歯科で守れる歯の健康

マウスピースを使って矯正

歯

メリットも多いけれど

歯科矯正の分野でマウスピース矯正は従来のワイヤー矯正よりも目立たずに痛みも少ないとして、がぜん注目度も高まっています。しかしながらやはり矯正ではあるので、それなりに注意したいポイントというものは存在しています。まず第一に、矯正中の虫歯には注意が必要です。マウスピース矯正中に虫歯が悪化してしまい、治療が必要となると歯の形状が変化してしまうため、マウスピースそのものが適合しなくなり、新たに作らねばならなくなる可能性があるためです。それゆえにマウスピース矯正中に虫歯を作ったり悪化させないよう、歯磨きは念入りに実施する必要があります。また他にも違和感があったり邪魔に感じるなどしてマウスピースを外してばかりいると当然ながら治療は進みませんし、医師によって技術の差も激しいという特徴もあるので、実績のある歯科医院を選び、まずはカウンセリングを受けたりして、わからないことはどんどん質問して納得できる歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

矯正するにあたって

歯の矯正方法の中でもマウスピース矯正は目立たないうえに食事や歯磨きの際は取り外して実施できるため、ワイヤーでの矯正と違って食事制限や衛生面ではメリットが大きいという特徴があります。さらに痛みも少なく金属アレルギーでも問題ありません。それゆえにたくさんのメリットがあるので人気も高まる傾向にありますが、マウスピース矯正に限らず歯科矯正は一部の外科矯正などを別として基本的には保険適応外であるために、費用という面では高額になるケースが多いですが、医療費控除の対象になる可能性は高いです。また前歯だけなどの部分的な矯正の場合は、治療期間も全体の場合よりも短期間になり、費用も通常よりも低価格で実施可能なケースもよくありますので、こういったことは施術前に事前にしっかり確認しておくと良いでしょう。