歯の問題への対処|痛みのサインを見逃さない|歯科で守れる歯の健康

痛みのサインを見逃さない|歯科で守れる歯の健康

歯の問題への対処

歯医者

不快感の軽減

親知らずは痛みが伴うことがあったり、口臭の原因となったりして抜歯を希望する人が多いと言われています。親知らずを抜歯することでこれらの問題が解決できたり不快感を軽減することができるため、多くの人々に注目されています。親知らずはまっすぐに生えていることもありますが、横に生えていたり埋まっていることもあります。まっすぐに生えていれば簡単に抜歯することができますが、そうでなければ手術時間が長引いたり抜歯費用が高くなったりします。たとえ横に生えていたり埋まっていても歯医者ではきちんと対応してもらえるため、怖がらずに勇気を出して歯医者に相談してみることをおすすめします。抜歯して良かったと感じられるはずです。

手術の手順

親知らずの抜歯を受ける時には、事前にどのような手順で行われるのかを確認しておけば安心して手術に臨むことができるはずです。まず最初にレントゲンによって親知らずや神経、血管などの位置を確認します。続いて麻酔を行うことで、手術中の痛みを取り除きます。麻酔がきいたら親知らずを抜く作業にとりかかります。親知らずを抜いた場所は縫って傷口を小さくします。抜歯した翌日には歯医者で消毒してもらいます。一週間後には抜糸しますが、骨まで完治するには三か月から六カ月ほどかかります。ごくたまに、抜歯した後にもずっと痛みが続くことがあります。そんなときには迷わず医師に相談してみることをおすすめします。きちんと対応してもらえます。